単純ヘルペスは大人になってからが問題

日本国内でヘルペスが問題視されるようになったのは、高齢化社会と、性交渉の弱年齢化が関係しています。ヘルペスは免疫の低下に伴って発症する病気であり、加齢によって体の抵抗力が落ちることでも現れる病気です。

特に帯状疱疹は、20代、30代では20%くらいの発症率ですが、年齢が上がれば上がるほど発症する確率も上がり、90歳代では50%が発症するといわれています。

性交渉の弱年齢化は、単純ヘルペスの蔓延と深いつながりがあります。日本国内で、女性の間に単純ヘルペスウイルスによる性器ヘルペスが急増しているからです。こうした若年層の人達は、性感染症に対する知識がほとんどなく、危機意識もありません。

日本では先進国で唯一エイズの患者数が増えている国です。エイズだけでなく性器ヘルペスやクラミジアなど多くの性感染症が若い女性の間に増加しているというのが現実です。

複数の性感染症を持った学生から同学年のパートナー、あるいは大人たちへ、またその逆のパターンなど、日本人の性感染症汚染は限りなく広がってきています。

単純ヘルペスは痛みや不快感だけではありません。出産時に胎児が産道で感染すると、死亡するか脳障害などを引き起こす原因となります。命にかかわる怖い合併症を持っていることを理解し、早期治療を心がける必要があります。