単純ヘルペスは大人になってからが問題

ヘルペスは特に新しい病気ではありません。水ぼうそうである帯状疱疹ウイルスも、単純ヘルペスウイルスも普通の生活の中にいるウイルスです。ひと昔前までは、ほとんどの人が子供のうちに知らない間に単純ヘルペスに感染し、知らない間に免疫を身につけているようなものでした。

ところが現在では、30歳でも半分ほどの人しか単純ヘルペスウイルスの免疫を持っておらず、年齢が下がるとさらにその感染率が低くなっています。

幼児期の身体は細胞性免疫力が強く、リンパ節も大きくなっていて、ウイルスや細菌感染に対して強い備えを持っています。感染しても症状が重たくなることはまれで、免疫を身体の中につくることができますが、大人になって初めてウイルスに感染すると、幼児期ほどの備えがないために症状も重くなります。

単純ヘルペスの免疫を持っていない人は、性交渉によってはじめて単純ヘルペスウイルスに接すると、それが単純ヘルペス1型でも簡単に性器ヘルペスとなってしまいます。

性器ヘルペスは、ほかの部位にできた単純ヘルペスと違って「医者に見せにくい」という心理がどうしても働いてしまいます。

そのため、対応が遅れて症状が重くなることもあります。さらに、性交渉を通じて感染を拡大させてしまう可能性があります。