素人判断が危険な場合もあります

帯状疱疹は顔面や腹部など、体の左右どちらか片側に、帯のように水泡が集まり並んでできます。水泡ができるかなり前から激しい痛みを伴うこともしばしばあります。帯状疱疹は、見てすぐにわかる病気ですが、症状の現れ方は個人個人で違います。その人の体調や体質、年齢や今までかかった病歴などによって大きく異なってきます。

たとえば帯状疱疹でも、ほとんど水ぶくれなどの皮膚症状が目立たず、痛みも軽いという人がいる一方で、免疫力が低下しているため、帯状疱疹と水ぼうそうの症状がいっぺんに現れ、命を落とすことさえあります。

これに対して単純ヘルペスは、唇やその周辺、性器やお尻などに小さい水ぶくれが数個集まってできます。単純ヘルペスウイルスは、1型に比べて2型の方が症状は軽い場合が多く、しかし再発しやすいという特徴を持っています。

単純ヘルペスも体質や体調によって症状に個人差があります。たとえばアトピー体質の人は、皮膚のバリア機能が衰えているので症状も重く治りにくくなります。

広範囲に現れた単純ヘルペスは、専門医でなければ帯状疱疹との見分けも簡単ではありません。さらに性器に現れた発疹は、梅毒の皮膚症状、水イボ、ベーチェット病の皮膚症状なども考えられるので、自己判断するのは危険です。