ヘルペスには種類があり特徴もちがう

人に感染するヘルペスウイルスの種類は現在8種類が確認されています。感染したウイルスによって疾患の症状や、再発する部位などに違いがみられますが、ヘルペスウイルスに共通しているのは以下のとおりです。

ヘルペスウイルスの中の帯状疱疹ウイルスの特徴としては、初感染することで、水ぼうそうを発症します。この後病気は治っても、ウイルスは知覚神経の神経節にもぐりこみ、大人になってから帯状疱疹として再発します。再発する場所で特に多いのが、胸や背中などの胸髄神経節と顔面などの三叉神経節です。

単純ヘルペスの特徴は、体のどこにでも感染するということです。感染した場所によって、口唇ヘルペス、角膜ヘルペス、性器ヘルペス、下肢ヘルペスと呼ばれます。

単純ヘルペスには1型と2型がありますが、1型は上半身の神経節に、2型は下半身の神経節にもぐりこむことがほとんどです。単純ヘルペスは体のどこに発症しやすいかというと、最も発症しやすいのが口唇ヘルペスです。次に再発性性器ヘルペス、顔面のヘルペス、カポジ水痘様発疹症、臀部のヘルペス、急性型性器ヘルペスとなっています。