ヘルペスには種類があります

ヘルペスとは、水ぶくれが集まった状態をいいます。大きく分けて帯状疱疹と単純ヘルペスに分けられます。帯状疱疹と単純ヘルペスでは、ヘルペスウイルスの種類が違い、単純ヘルペスには1型と2型があって、それぞれ別のヘルペスウイルスが原因となっています。

帯状疱疹は、激しい痛みとそれに続いて現れる多数の水ぶくれなど、症状がはっきりしているせいか関心も高く、自覚する人がほとんどです。

これに対して単純ヘルペスは一般的な「おでき」などと見分けが難しく、また症状も激しくない場合が多いせいか、自分が単純ヘルペスであると自覚する人が少ないのが特徴です。

1980年代にアメリカの雑誌が性器ヘルペスが増加していることを大々的に特集した結果、ヘルペスとは性病だというイメージが定着してしまいました。しかし、性器ヘルペスは、単純ヘルペスのひとつの現れ方に過ぎず、単純ヘルペスは体のどこにでも発症します。

しかも単純ヘルペスは感染力が非常に強く、出生時に赤ちゃんの脳にダメージを与えるなど、時に深刻な状況をもたらすこともあります。

このように、ヘルペスは、とても誤解の多い病気だといえます。ヘルペスのことをよく知って、できるだけ感染しない、感染させないようにしましょう。